ニュース

企画展のご案内
美術講座のご案内
新刊のご案内
美術館のご案内

施設のご案内

碌山館
杜江館
第一展示棟
第二展示棟
グズベリーハウス
アクセス

お問い合せ先

〒399-8303
長野県安曇野市穂高5095-1

Tel. 0263-82-2094

Fax. 0263-82-9070
HOME
荻原守衛(碌山)について

荻原守衛(碌山)略年譜

 

LOVE IS ART,  STRUGGLE IS BEAUTY.
−−愛は芸術なり 相剋は美なり−−

 

 

 

明治12年
12月1日、 長野県南安曇郡東穂高村矢原の農家荻原勘六・りょうの五男に生まれる。
本名:守衛(もりえ)。
明治26年14才
東穂高高等小学校を卒業、家業を手伝う。
明治27年 15才
11月28日、東穂高禁酒会に入会し、相馬愛蔵・井口喜源治らの強い影響を受け、キリスト教に志向する。
明治29年 17才
5月から心臓を病む。夜学会に入会する。
明治30年 18才
相馬良(黒光)の家で初めて油絵(長尾杢太郎作《亀戸風景》)を見る。
明治31年 19才
機業家になろうとして出奔し、桐生方面へ向ったが、上田から連れ戻される。
11月、研成義塾が創立され、守衛も参加して盛んに読書する。
12月、禁酒会の幹事に選ばれる。

明治32年 20才
2月、初めて井口喜源治らと上京。巌本善治を訪問し、植村正久らの説教を聞く。
10月、画家になろうと志し巌本善治氏を頼って上京。明治女学校の校地内に住む。画塾不同舎に入り、小山正太郎に学ぶ。 (右は不同舎時代の鉛筆素描)

明治33年 21才
3月、明治女学校校地内の林の中に守衛専用の小舎を建て、深山軒と名付ける。
7月、井口喜源治上京、共に内村鑑三の夏期講談会に出席。
終了後、井口喜源治と共に富士登山をし、一時帰省する。

明治34年 22才
渡米を決意して洗礼を受け、3月横浜を出帆しニューヨークへ直行する。
9月、フェアチャイルド家の学僕となる。
10月、アート・スチューデンツ・リーグに入学する。

明治35年 23才
孤独と郷愁に悩む。チェイス・スクールに転校し、ロバート・ヘンライに学ぶ。
戸張孤雁を知る。この頃、ウォルター・パッチを知る。

明治36年 24才
10月、渡仏。パリで中村不折に会う。脱竜窟と自ら名づけた屋根裏の小部屋に住み、アカデミー・ジュリアンに通学する。

明治37年 25才
サロン・ナショナル・デ・ボザールでロダンの《考える人》を見て深く感動、彫刻への志向強まる。帰米し、アート・スチューデンツ・リーグに入り彫刻のためのデッサンをする。

明治38年 26才
人道的立場から日露戦争を批判する。このころ柳敬助、白滝幾之助を知る。

明治39年 27才
2月、高村光太郎がニューヨークに来る。柳敬助と連れだって光太郎を訪ねる。
9月、再渡仏。オランダにてパッチと再会後パリに着き、アカデミー・ジュリアンの彫刻部にはいる。五来欣造・斎藤与里・本多功らと親しくなる。碌山の号を用いはじめる。
(前列右から2人目、ブルーズを着ているのが守衛)

明治40年 28才
1月4日、五来のはからいでパリ郊外に移る。PAUL-LOUSI COUCHOUD が1月16日付の紹介状で、守衛がロダンに面会できるように仲介している。
7月、静養のためロンドンに旅行し、滞在中の光太郎と美術館めぐりをする。
パリに戻り、ウォルター・パッチとロダンを訪ねる。ジュリアンの校内コンクールでたびたび受賞。
《女の胴》《坑夫》などを制作。ブールデルに会う。
帰国のため年末パリを出発、帰路イタリア、ギリシャ、エジプトに立ち寄り、おもに古美術を見る。

明治41年 29才
4月に京都・奈良を見学する。太平洋画会に属し、新宿にアトリエを建てる。戸張孤雁と再び親交深まる。中原悌二郎らを知る。相馬良(黒光)との精神的愛染に苦しむ。
第2回文展に《女の胴》《坑夫》《文覚》を出品する。《文覚》のみ入選。

明治42年 30才
《デスペア》《北條虎吉像》《戸張孤雁像》《香爐》《労働者》《爺》《小児の首》《宮内氏像》などを制作。第3回文展に《北條虎吉像》《労働者》を出品する。

明治43年
《銀盤》《女》を制作する。柳敬助の画室を設計監督する。
4月20日の夜、新宿中村屋で吐血。
22日朝、満30歳5ヶ月で永眠する。 生家の墓地に埋葬される。
第4回文展に《女》が出品され、文部省に買上げられる。
ロンドンで開かれた日英博覧会に《銅像》(宮内氏像)が出品される。
没後
明治44年
『彫刻真髄』が博文舘から出版される。
新宿中村屋裏にアトリエを移築し碌山館と称して作品を公開する。
中村屋における守衛3回忌(大正2年)参加者(写真)

大正5年
次兄・本十、黒光、孤雁らのはからいで作品その他の資料を生家に移す。


大正6年
生家(写真)に離れ屋を新築、7月1日から再び碌山館と称して作品を一般に公開。


昭和33年
財団法人碌山美術館が設立。

守衛の言葉
--------------------------------------------------------------------------------
蕾にして凋落せんも亦面白し。天の命なればこれまたせんすべなし。
只人事の限りを尽くして待たんのみ。
事業の如何にあらず、心事の高潔なり。涙の多量なり。以て満足すべきなり。
(片岡 当宛書簡)
--------------------------------------------------------------------------------
地方はかかる「人」を生める事を誇りとするの時も来るべく候
(明治40年荻原十重十(長兄)宛書簡)
(「人」(井口喜源治)、私塾「研成義塾」の創設者であり碌山生涯の師)
--------------------------------------------------------------------------------
すべてのものを超えて自己を重んぜよ
(つくまのなべ(明治32年日記))
--------------------------------------------------------------------------------
精神の自由は人生最高の問題
(つくまのなべ)
--------------------------------------------------------------------------------
あゝ人生・・・は人為を以て如何共なし難し。然して永遠の生命はいかん。
(つくまのなべ)
--------------------------------------------------------------------------------
自然の研究とは現実に触れろということである。
切実に人生と交渉しろということである。
(『彫刻真髄』(碌山遺稿集))
--------------------------------------------------------------------------------
私はいわゆる日本のアルプス山麓に成長したものである。
富士の秀峰の美をば私もこれを認めるけれども、
私の精神を動かし得るものは乗鞍、槍ヶ岳のゴソゴソした山である
(『彫刻真髄』)
--------------------------------------------------------------------------------
作品にしても私はプリミティブなものにひかれる
(『彫刻真髄』)
--------------------------------------------------------------------------------
彫刻の本旨、即ち中心題目は、一制作によって一種内的な力(inner power)の表現さるることである。
生命の表現さるることである。
(『彫刻真髄』)


© 2008 碌山美術館 All Rights Reserved